モミジ狩り 京都府立植物園と岩倉実相院

日曜日に期待の紅葉狩り、京都府立植物園と岩倉実相院を訪ねる。
しかし、ちょっと残念、年毎に出来栄えが落ちていくような気がする。道すがらの堀川通りや紫明通りの銀杏の黄葉は少し満足かな!詳しい事は分からないけど,ひょっとしたら地球温暖化の影響か!

(京都府立植物園にて撮影)

植物園でおいしそうなお弁当を売っていたので買った。
大昔の事だけど、園内での飲食とか販売は禁止されていたように思ったけど!
時代が変わってきたのかな!
一般の人も歩きながらとか、座ったりとかして、口をもじゃもじゃ、なごやかな雰囲気!

(京都府立植物園にて撮影)

(京都府立植物園にて撮影)

少し歩きすぎて持病の腰痛発生。10分程腰掛けて早々に退散。

次は岩倉の実相院へ。車で10分程かなと思って行ってみたら、道が分からず同じ所を4度、5度ぐるぐる回り、それこそ大昔50年程前になるのかな、毎週のように岩倉に通っていたので、すぐに行けると思ったのが大間違い。半世紀もたてば町の様子も様変わり!予想の3倍の30分以上かかって、やっとたどり着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                        (実相院にて撮影)

(実相院のうさぎの石)

駐車場は無料で助かったが、時間制限付きで30分のみ!
拝観料500円払い急いで紅葉狩り、植物園より少し趣が漂う。
でもやっぱり出来栄えは少し残念。

                 (実相院中庭にて撮影)

植物園で買ったお弁当をモミジを見ながらゆっくり食べようと思っていたのに、拝観時間が30分!急いで見て回るだけで精一杯。

結局お弁当は車の中 。

そのお弁当美味しかったが、入っていた容器はプラスチック、その容器を入れてあるのはレジ袋。両方共いずれは海洋汚染の元凶のマイクロプラスチックになる。紙製の容器とか、紙袋だったら、そんな心配はしなくてもいいかも!
紙の手提げ袋を作っている人間の感想です。