紙袋・手提げ袋・紙手提袋のオリジナル商品を激安製造・販売しています

TEL:075-693-5508

営業時間 平日/9:00~19:00

手提袋について

手提げ袋に関する様々な情報を公開!
オリジナル手提げ袋の作りたい時はどんな仕様があるのかぜひチェックしてみてください。

サイズについて

当社の紙手提袋は完全オリジナル商品ですので既製品や機械貼りとは違いどの様なサイズでも可能です。

ワイン袋の様な長細い袋や正面幅とマチが同じ正方形の手提袋など自由に決めていただけます。

紙について

手提袋のベースとなる紙について
種類はとてもたくさんありますが、紙手提袋に適した紙を紹介します。

コート紙+PP貼

上質紙の表面にコーティングした紙です。インクのノリがよく綺麗な印刷に仕上がります。難点としてやぶれやすいので、PP貼り(ラミネート加工)やマットPP貼りの表面加工をしますので単価は高くなってしまいますが、かなり高級感のある手提袋になります。

未晒クラフト

茶色の紙で漂白していないのでパルプ原料そのままの色が残っています。
シンプルな感じでよく好まれます。

晒クラフト

未晒クラフトを白く漂白した紙です。手提袋に適した紙なのでとてもよく使われます。

片ツヤ晒クラフト

晒クラフトの表面に光沢を施した紙です。

印刷について

当社の印刷は主にオフセット印刷です。
最も一般的な印刷方法で、新聞の折り込みチラシや、パンフレット等の印刷と同じです。1色刷の簡単なデザインから4色のフルカラー印刷までどんなものでも対応できます。

お店や商品のイメージを強く鮮明にだすのには、1色刷でシンプルでかつ大胆なデザインが最適です。
2色、3色と印刷がふえると表現の幅は広がります。

印刷範囲が半分以上になるとベタ印刷になり高くなります。(ベタの場合ニス引きをお勧めします)
4色フルカラー印刷はコストは高くつきますが、高級感のある袋に仕上がります。
他に白、金、銀印刷なともありますが、ご相談下さい。

枚数について

手提げ袋の枚数は1枚単価に関わってくるのでかなり重要です。

たとえば印刷するのに50枚でも1000枚でも全体の価格はそれほど変わりません。
となると1枚あたりの単価が大きく変わってしまいます。

おすすめは500枚〜1000枚くらいが枚数と価格のバランスがいいと思います。

10000枚くらい以上になると自動製袋がかなりお安くできますのでご相談ください。

ヒモについて

手提袋にはヒモは欠かせない物ですが、袋の用途、イメージ、お好み、価格等によって選んでいただけます。

スピンドル

布の丸いヒモです。比較的安価で高級感もあるのでよく使われます。

カラー表

PPヒモ

ポリブロピレン製のヒモです。やわらかく安価でよく使われます。

カラー表

紙ヒモ

紙製のヒモです。少し硬いですが自然な感じです。

カラー表

アクリルテープ

布製の平たいヒモです。少し高価ですが、アパレルショップなどでよく使われます。

カラー表

ハッピータック

プラスチック製のヒモです。パチンと袋をとめる事ができます。

カラー表

パイレン(エクセルフィラメント)

スピンドルに光沢をつけたようなヒモです。高価ですが高級感をだすならこれをおすすめします。

カラー表

表面加工について

紙の表面加工には色々の方法がありますが、特に手提袋に適しているのが
PP貼り加工です。グロスPP貼(光沢)とマットPP貼(ツヤ消)が主です。

時には柄、模様、型、色等の入ったホログラム加工も有ります。
他にもエンボス加工、ビニール加工、プレスコート、ニス引加工、厚盛印刷、シルク印刷等対応しております。