宇佐おりーぶオイル用の紙袋作製

今回は先日納品させていただきました かんなび農園様の宇佐おりーぶオイル用の紙手提げ袋をご紹介します。

木蘭色の箱に入れたオリーブオイルのビンを入れる手提袋です。

サイズは巾115mm×マチ78mm×高さ295mm

ビン用の袋に丁度良いです。

オリーブオイル・お酒・お酢・醤油・ソース等

 

 

仕様はコート紙157gに木蘭色のベタ印刷をして、マットPP貼り加工です。

その上にツヤ消しの銀で箔押しました。

持ち手はアクリルスピンドル8×8、紐の色は利休の白茶で仕上げました。渋いです。

紙袋は木蘭色で印刷しましたが、この色はビンを入れた箱と同じ色です。

マットPP貼りの上にツヤ消しの銀の箔押をしました。凄く高級な紙手提げ袋です。

全体的にとても上品で綺麗な仕上がりになりました。

すぐには絶対捨てられない紙袋だと思います。

 

かんなび農園様のホームページを見させて頂き、オリーブオイルの事を勉強させていただきました。

 

オリーブエキスそのままの風味豊かなエキストラバージンオリーブオイル

 

かんなび農園は、50年余り続いた葡萄農家のていねいに耕されてきた水はけが良い土壌を引き継いだものです。
宇佐市は温暖な気候で、ここは 「糸口山」 と呼ばれ、少し小高い丘の上にあります。
太陽の日差しを一杯にあびて、オリーブが元気に育つ土壌に恵まれました。

 

新緑の頃満開になるオリーブの花、一週間程で落花し実となって、秋には収穫の時をむかえます。

たわわに実ったオリーブを一粒一粒ていねいに手摘みし、一粒一粒手作業で良い実を厳選。

収穫後24時間以内に絞りました。

 

上記はかんなび農園様のホームページより引用させていただきました。

前の記事

10月の展示会のその後